「東京TAMA音楽祭」とは

 東京TAMA音楽祭組織委員会は、東京の西、人口420万の26市3町1村の多摩エリアにおける文化の薫るまちづくりをめざし、平成10年(1998年)に文化庁と立川市の応援を得て立川市内で設立された市民団体です。

立川市民のみならず、多摩エリアに居住する多くの市民の方々が企画運営に参加し、今日まで開催し続けてまいりました。毎年4月29日直前の日曜日に国営昭和記念公園等をお借りし、パフォーマーの数3000人規模で開催してきました。平成18年4月の第9回目において、多摩エリアの26市3町1村全ての自治体の共催ないし後援をいただくまでになりました。

私どもは、「東京TAMA音楽祭」を、多くの市民と市民団体の協働、そして市民・市民団体と企業・行政との連携の中、新企画を打ち出しつつさらに発展させてまいりたいと考えております。

子ども達、高齢者、身心の不自由な方々を含む全ての市民と市民団体、そして企業と行政が、心踊らせ夢を描ける音楽祭の実現をめざします。 この音楽祭は、芸術文化をとおして連携をもった市民・市民団体・企業・行政が、芸術文化のみならず、教育・福祉・環境そして商工業はじめ全ての分野における文化の醸成を進めることをめざします。

新企画のご提言、そして新企画への皆様のご参加をお待ち致します。

 

東京TAMA音楽祭組織委員会
委員長 村田光男

 

 

これまでの「東京TAMA音楽祭」

過去に実施した内容を以下からご覧いただけます。

2012年 第15回実施内容
2013年 第16回実施内容
●2014年 第17回実施内容(工事中)
●2015年 第18回実施内容(工事中)
●2016年 第19回実施内容(工事中)
●2017年 第20回実施内容(工事中)
●2018年 第21回実施内容

4月15日(日)ダンスフェスティバル AM11:00~PM4:00

5月19日(土)ハーモニカの集い PM1:00~PM5:00

9月17日(月・祭日)カラオケの集い AM10:00~PM5:00

いずれも,たましんRISURUホール(立川市市民会館)・大ホール TEL 042-526-1311

▲このページのトップへ